読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

フィリピンで英語の使用率

フィリピンの公用語はフィリピン語と英語です。学校教育でも、国語以外の授業は英語で行われていたり、街頭の看板なども英語表記のため、読み書き会話を含めて、英語のできるフィリピン人は都市部では大多数に上ります。一口にフィリピン語といってもタカログ語、セビアノ語など複数のフィリピン語があるため、バイリンガル、トライリンガルはフィリピンでは珍しくありません。日本語を流暢に話すフィリピン人も多数いますからね。海外進出を考えている日本企業にとって、フィリピンは言語という観点で最も進出しやすい国かもしれませんね。

詳しくはこちら>>

でもフィリピン人の英語って、訛っててわかりにくくない?

そもそも一口に英語といっても、アメリカ人が使う英語とイギリス人が使う英語では大分発音に違いがあったりしますし、同じアメリカ英語でもボストン訛りがあったり、テキサス訛りがあったりと、英語の標準語なんてそもそもないんです。別で公用語があって英語を第2言語として習っている人の訛りなんて、そりゃ国地域の数だけあるわけですよ。外国語って文法や発音を理解するのも大事ですが、一番大事なのって、相手を理解しようとする思いやりの気持ちだと思うんです。それにフィリピン人の方の話す英語、ほかのアジア圏の方の話す英語と比べても結構聞き取りやすいですよ。

フィリピン人が英語を話すきっかけとなったのは、1898年から1946年にわたるアメリカ当地が原因になっています。日本でも横浜だったり佐世保だったりと、基地に隣接する地域は英語の流暢な方が多かったりしまよね。それまではスペイン植民地でもあったため、フィリピン語自体西洋の影響を色濃く反映している言語といえたりもします。文字もアルファベットが基礎となっていますし。

そもそも英語全く分からないまま来たけど、どうしよう、、

急に上司から「フィリピン行って来い!」って言われて、英会話の勉強もほとんどしないままフィリピンに赴任駐在されて、不安の真っただ中にいる方も多いと思います。でも大丈夫!フィリピンにはイギリスの某有名大学が運営する英語学校や、安くマンツーマンで英会話を学べる学校など、英語を学ぶ環境が充実しています。近年英語学習のためにフィリピンや、近くのマレーシアに語学留学する学生さんも増えています。ビジネスマンを対象とした深夜型のクラスも多数ありますので、語学に自信のない駐在員の方々、、一度訪ねてみてはいかがですか?

その他フィリピンに関する情報はこちらから>>